ダイヤモンドワイヤソーはヨーロッパの機械ガイドラインに準拠しており,
シンプルな操作メニューで分かりやすく設計されています。
ドライブ機構、タッチコントロール、センサーは高品質の工業用部品を
採用しており、ハウジング及びメインフレームにはステンレスおよび
表面処理されたアルミニウムで構成されます。
タイプや太さが異なるダイヤモンドワイヤーはもちろん、色んなサンプルを想定
した、ワークホルダーやアクセサリーも取り揃えております。
ダイヤモンドワイヤー切断プロセスは下記の「一方向プロセス」と
「双方向プロセス」があります。

「一方向プロセス」
ループワイヤー(ワンウェイカット)
一方向ダイヤモンドワイヤソーは無限のループワイヤーで動作します。
一方向にカットするだけでモーターが交互にブレーキをかけ、再び加速され
ないのでより高速で切断することが可能である。
機種応じて長さ2及び3メートルのループワイヤーが使用されます。

機種:DWS250EDWS375E
ワンウェイカットのメリット
・ダイヤモンドワイヤループの使用
・ループワイヤーは簡単な装着
・より早い切断速度 - (ワイヤースピードmax:12m/s)
・きれいな切断面
・薄いカット (ワイヤー線径は0,35mmから)

「双方向プロセス」
ドラムに巻かれたワイヤー(双方向カット)
双方向ダイヤモンドワイヤソーは、自動的にワイヤーをドラムに巻き付けられ
往復運動します。切断中はダイヤモンドワイヤーの全長を使ってドラムが回転及び
左右に移動します。これは長いダイヤモンドワイヤー(20mまたは30m)にもかか
わらず小さい機械設計を可能にします。

機種 DWS100DWS175DWS250
・双方向カットのメリット
・スプールワイヤーの使用
・自動ワイヤー巻き付け
・小型、コンパクトな鋸設計
・長いワイヤー(20または30 m)
・最も薄いカット(ワイヤー線径は0,08 mmから)

ダイヤモンドワイヤーソーラインナップ